会社沿革

沿革

昭和44年5月 有限会社東洋工機設立
(有限会社東洋ボーリングから機械加工部門独立)
昭和46年2月 金型製造開始
昭和48年10月 本社屋及び工場新築移転・アイレットマシン製造開始名刺印刷機製造販売開始
昭和52年2月 ホイルハンガー製造販売開始
昭和53年3月 プリーツマシン製造販売開始・プリーツマシン輸出開始
昭和57年10月 サンオフ印刷機製造開始
昭和58年7月 水沢佐倉河に第二工場取得(~S63)
昭和60年7月 株式会社東洋工機に組織変更
昭和60年10月 新工場増築・卜ーヨーカードオフセット印刷機製造開始
昭和63年4月 胆沢小山に技術研究所を取得(2号館)同時にヘリポートいさわ開港
昭和63年10月 凸輪転多色刷(12色)ラベル印刷機製造開始
平成元年7月 印刷機組立工場新築(3号館)
平成2年4月 資本金4,500万円に増資
平成2年10月 本社屋、工場を胆沢に新築移転(1号館)
平成2年11月 協同組合テクノファイブ岩手を設立・金属材料硬化技術の研究開始に着手
平成3年3月 自動整列巻線装置製造開始
平成4年4月 協同組合いわてアマンド・システムを設立産業用無人ヘリコプターの研究開発に着手
平成4年10月 大型機械工場新築(4号館)
平成5年7月 名刺くんE販売開始
平成6年7月 東京ショールーム開設(~H11)
平成9年3月 T-press160印刷機販売開始
平成9年6月 小型印刷機事業部(中田工場)開設(~H11)
平成10年4月 有限会社東洋ボーリングを有限会社東洋テクノサービスに変更
平成14年2月 自動車関連産業取引開始
平成16年1月 内燃機部門を胆沢に移転
平成18年4月 自動車関連組立工場新築(5号館)
平成18年9月 販売会社として株式会社KPGを設立、KPGブランドの誕生
平成26年5月 ISO 9001 登録

受賞

昭和47年2月 第7回岩手県発明工夫展に於いて無段楕円ボールドリルマシンに仙台通商産業局長賞受賞
昭和50年 第11回岩手県発明工夫展に於いて名刺印刷機に仙台通商産業大臣賞受賞
昭和51年 第12回岩手県発明工夫展に於いて岩手県知事賞受賞
昭和52年10月 第13回岩手県発明工夫展に於いて回転砥石整理装置に仙台通商産業局長受賞
昭和53年10月 第14回岩手県発明工夫展に於いてバルブ、シートカッターカツティングツールに岩手県知事賞受賞
昭和54年10月 第15回岩手県発明工夫展に於いてプリーツマシンに岩手県知事賞受賞
昭和57年10月 第17回岩手県発明工夫震に於いて屋外看板を兼ねた屋内に発生した事故を屋外に知らせる装置に発明協会岩手支部長賞受賞
昭和59年4月 プリーツマシンの開発育成に科学技術長受賞
平成5年8月 全国発明くふうコンクールに於いて名刺くんに特賞発明協会会長賞受賞
平成17年9月 第41回岩手県発明工夫展に於いてアコーディオンカッター装置に工業クラブ会長賞受賞
平成18年9月 第42回岩手県発明工夫展に於いて砥石台に発明協会岩手県支部長賞受賞
平成19年3月 日本機械学会に於いて木質バイオマスエネルギー有効活用システムの開発に技術研究賞受賞
平成20年3月 関東自動車工業(株)2007年グット・サプライヤーに於いてppシートE発泡シールの自動貼付設備の開発にて技術開発設備部門優秀賞受賞
平成24年3月 関東自動車工業(株)2011年グット・サプライヤーに於いてプレス工程BL-1トラッペコイルエンド材引出し装置の開発にて技術開発設備部門優秀賞受賞

ページトップ